FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑

♪ポぉ~リスぅ~沙ぁ~あ汰ぁ~♪ 11月13日


はい、節は各自好きに初音ミクに歌わせて下さい。

そんなワケで警察といえば、引越すたびの免許証の住所変更と、
徹夜アシ明けのヤバい顔での職務質問、柳沢慎吾の警視庁24時ネタ
に対する軽い満腹感くらいしか馴染みが無いでお馴染みの、いたって
普通な一般市民のワタクシでございますが、この度いい歳こいて初めて 
 「財布を落す」 という、日曜18時半の某海産物一家の長女以上の
チョンボをやらかしまして、ついにご厄介になることに…。

しかも落したのが家から直線一本道で200mの薬局からの帰りという
落して気付かない方がどうかしてる状況で。ええ。しかも気付いたのが
帰宅後かなりたった夜11時ですってヨ?

しょんぼりしながら薬局までの道のりを散策するも当然見つからず、
そのまま駅前の交番まで行くも当然誰も居ず…。
とりあえず帰りにコンビニで、150円のアイスを2個買い一気に喰う
という、財布を落した直後とは思えない豪快っぷりでテンションを
上げる。っていうか上がるな俺のテンション。

翌朝、再び駅前の交番に淡い期待をしながら行くも当然届けられて
おらず、遺失物届を出すことに。

が!、他の交番に届けられてないか問い合わせてもらったところ
あっさり見つかる!数km離れた蕨警察署で。
お礼を言いつつ小躍りしながら自転車にまたがり、

「蕨警察署こないだ移転したけど場所分かる?」

とのお巡りさんの質問に、

「あーはい、17号線行ってソーp……ドンキホーテのとこから曲るんですよね?」

「そうそう、ドンキで曲ってまっすぐ行ったイトーヨーカドーの手前ね」

と、国家権力の前で思わずドンキの目の前にある性風俗店名を口走りそうに
なったのをちょいとにっこり石塚笑顔でごまかし、そそくさと蕨警察署へ。

目印の”石鹸の国”から曲って蕨警察署に到着。
手続きを済ませ財布の中身を確認したら、運が良いというかありがたいというか
お金も銀行のカードも全て無事で、拾った方は「お礼も連絡も要りませんので」
と言い残して帰って行かれたとのこと。

「な、何て良い人だ…拾った金額の2割を要求すれば821円も貰えたのに…」

と感動しつつ、一言お礼を言えなかったのは非常に残念でした…。
どこのどなたか存じ上げませんが本当に有難う御座いました。


とりあえず帰路につき、ホクホク笑顔で自転車を漕ぎながら、

「いやぁ~…世の中も財布も捨てたもんじゃねぇな♪」

とポツリ…

という、美味しんぼの富井副部長の言動張りに非常に不愉快極まりない中途半端な
オチはどうですか?







バイオハザード■ 11月4日


えーと、観てきたんじゃなくて
起こしてました。俺が。えへへー(*´∀`*)

10月15日に原稿終って、それからアシを2件終らせて
久々の休みになった20日土曜日から、ちょいとばかし風邪気味だなぁと
薬飲んで2~3日横になってたのにちっとも良くならないんで、
医者に行ったところ「疲労が溜まってるところに喉風邪を引いた」
との診断。
「もうオッサンなので無茶はしません」と黒髪ロンゲ眼鏡エロ女医(推定28)
さんと約束したので、お家に帰って苦いお薬を飲んで大人しく寝ゆことに。

が、エン女医あきら先生ことエロ女医に貰った薬を飲めば飲むほど
小1時間熱が下がるのと引き換えに体中に謎のブツブツが…。
まぁ薬が体に合わなかったんだろうと、1日飲むのを止めてはいたものの、
40度近い熱が続いて、薬飲まなきゃ死ぬ!!状態になったんで、まぁ
軽いブツブツが出来るくらいだからまぁいいやと明け方薬を飲むことに。

数時間後目を覚ましたら、熱はなんとか下がった模様…

が、予想通りブツブツが…


いや、





いやいや、





いやいやいやいや、
予想してたどころの騒ぎじゃねぇ!!?

頭の先からつま先まで、全身くまなくビっっっっっっっっっチリと
例の奴が!!
ブツブツって言うかもう、じんましんっていうか、何かもう、
牛豚合挽き肉を全身にぶちまけてアロンアルファで1個1個固定したかのような
気持ち悪さで、これ今直ぐ写真撮ってグロ系掲示板に貼ったら2~3日祭りに
なって、俺、ネットアイドルになれんじゃねぇ?という位のブツブツっぷりに
これはアレかと、例のやつかと、流行の医療ミスかと。これは今直ぐ行って
病院に抗議せねばと、あのエロ女医に。いやむしろエロ女医に会いたいと、
ブツブツ同士が繋がって赤銅色の鬼のような顔に、首筋には気持ち悪い
ブツブツを大量にたしなみつつ、近所の総合病院へ。

待合室で順番待ちしてると、見ず知らずのお姉さんに、
「ちょ、お兄さん大丈夫っ!?」と、いきなり声を掛けられる。
「どうしちゃったのソレ!? 大丈夫?横にならなくてもいい?」
と、死ぬほど心配される始末…。
いやいや、テメェも病人だろ!と、返す間もなく今度は通りすがりの
看護婦さんが、
「だ、大丈夫ですか!?受付は済ませました!?問診表は書きました?
診察順番何番ですか?ちょっと待っててネ、直ぐ診てもらえるように
順番かえてもらってくるから!!」と慌てふためく様子に、どうやら
端から見ると、本人が思ってる以上に本当にやばい状況の模様…

程なくして診察室に呼ばれ、例のエロ女医じゃなかったことに軽く
舌打ちしつつ、今までの経緯を説明。
「発疹が出たのは薬にウィルスが反応したからですねぇ。
はっきりしたことはまだ何とも言えないんで、とりあえず皮膚科に…
あ、あとこれ付けといて下さい。」と、「周りの患者さんのウィルスが
伝染ったら大変ですからね」の意味ではなく、「テメェ、周りの患者に
ウィルス広めんな!!」の意味を込めて渡された抗菌マスクをして、
看護婦さんに引き連れられて別病棟の皮膚科へ。

他の患者とあからさまに違う部屋に連れて行かれ診察。
診察が終って一人取り残されたので、そそくさと服を着て部屋から
出ようとすると、「そこから出ないで下さいっ!!」と、強い口調で
看護婦さんに叱られしゅんとする挽き肉まみれ。

暫くして、看護婦さんに連れられて再び内科病棟に。
が、さっきとは違う普段使われてない鍵の掛かった診察室に連れて行かれ
「感染力の強い病気だから他の患者さんに伝染らないようにここで」と、
にっこりされつつ、え?この女ぁ、今とんでもないことをサラっと
言わなかったか?と心の中でぐーパンを握り締めていると、内科の先生が
やって来て病状の説明が。

「えーと、はしか”です。」

「え?はしかってあのちん毛も生えてないような奴等がかかるあの?」

「はい、こないだまで精子だったような奴等がかかるアレです。」

「…はぁ」

どうやら去年辺りから、大人でも感染するくらいはしかが猛威を
振るっていた模様。言われてみれば春先に早稲田大学ではしかが
流行って休校になったりしてたなぁと思い出す。

とりあえず病状を聞いた後、看護婦さんから色々と注意事項を受け、
他の患者に広まらないようにと、診察室でそのまま会計と薬の受け
取りを済ませるVIP待遇。…に見せかけた隔離。

帰ってからはとにかくただ寝てるくらいしか病状的にも体力的にも
選択肢が無いので日がな一日ごろごろする。
が、寝ても直ぐに40度近い熱でうなされて目は覚めるし、ポカリ以外
何も喉通らないから体力はどんどん減るしで、何だかんだで2週間ほど
何もすることも出来ず、ぐったりしておりましたが何事も無かったかの
ように回復いたしました。

この歳になってまさかはしかで川向こうの爺ちゃんと婆ちゃんに
あわや再会しかねない状況になるとは思ってもみませんでしたが、
もうさすがに4時間睡眠で3週間とか連続徹夜アシとか、見た目の体力的
には乗り切れてても、内蔵疲労や免疫力の低下まではどうやっても
年齢的にカバー出来ないやってことを身に染みて理解いたしました…




そんなこんな考えつつ、

「そういや俺、風疹とおたふく風邪もまだだわ…」

と遠くを見つめる今日この頃でした…。


 


■2007年10月分日記■





スポンサーサイト
[PR]

|11-04|日記||TOP↑

プロフィール

迦楼羅淳

Author:迦楼羅淳
 
おっぱいやらお姉ぇさまやら
おっぱいやらおにんにんが
生えたお姉ぇさまやらが著しく
好きなへっぽこおっぱい絵描き
迦楼羅淳(カルラジュン)
でございますわん。

お仕事依頼などはこちらまで
お願いします。
harakiri_y★yahoo.co.jp
※お手数ですが★を@に
打ち直して、件名に
迦楼羅淳 宛
or
カルラジュン 宛の
依頼の旨を明記して
送信して下さい。

めにゅ~

twitter

Web拍手

ご意見やらご感想やら           
拍手する

見ちゃらめぇ~っ(*ノωノ*)

人に見られちゃった(*ノωノ*)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。